Happy New Year 2005!

b0067558_6594956.jpg
無謀にもタイムズ・スクエアのカウントダウンに参加することにした。

いや、年末NYにいるのだから当然このイベントは外せない!と思っていたけども、日が近づいて色々情報収集をしてみると色んな恐ろしい事実が判明していったので「絶対行く!」というパワーは薄れていた。

というのも、人の量が半端じゃないのでボールが落ちるのが見える位置を陣取るためには夕方の4~5時から行って新年の12時まで7~8時間待っていなきゃならない。お酒は禁止。そしてもっと恐ろしいのが柵で区切られたエリアに入るとトイレに行くのにも出してもらえないということ。がんばってヒマを潰せたとしても行きたくなったらおしまいなわけ、ちょっとそれってどうなの~?

朝からあまり具合が良くなかったから今日はもうテレビで見るかと断念していたのだが午後タイムズ・スクエアに遊びに行って帰ってきた弟が「やっぱり一人でも行く!」とやる気満々。準備でにわかに騒がしくなっていくタイムズ・スクエアを見たら行かないわけにはいかないだろうと思ったらしい。そうなると「じゃあ一緒に行くか!」となるのが人情でダメだと思った時点でリタイアすることを条件にバタバタと家を出た。

b0067558_775027.jpg
まー長い話は省くとして、いくつかの荷物検査のチェックポイントを通過して自分達のエリアに入ったのが6時ぐらい。とりあえず座るスペースを確保した。柵内がいっぱいになって入り口がクローズするまでちょっと時間があったのでその間に食べ物を買った(飲み物も買ったけど怖くて口にできなかった)。準備万端!でもあと6時間どうする~?

結果的に6時間は結構長かったけど待った。トイレも行かずになんとかなった。カウントダウンもして紙吹雪も浴びた。最後の5分は結構エキサイティングでみんな長く待ってたから「やっと来たー!」って感じで盛り上がった、というか無理にでも盛り上がらないと来た意味ないし… 

終わったあと案外あっさり帰っちゃう人込みの中を早足で帰ったのはいうまでもない。やっぱりみんなもトイレ行きたかったのかな?

もう一回行くかと聞かれたらかなり微妙。いつかまた行くことがあったらもっと歳とってお金持ちにでもなって、タイムズ・スクエアに面した一泊何万もするホテルの部屋でも借りてねぇ…シャンパン片手に窓の外に降る紙吹雪を優雅に楽しみたいな。

でも行ってよかったよ!
b0067558_712520.jpg

[PR]
# by sarahroche | 2005-01-01 04:57 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

ラガーディア大冒険

弟のクリストファーがNYに来るのでラガーディア空港まで向かえに行く。基本的にNYに直行便で来ると国際空港のJFK、乗り継ぎ便だと国内線なのでラガーディアになる。東京で言うところの成田と羽田みたいな感じ。この前由美をJFKまで向かえに行ったとき地下鉄で行ったらすごいスムーズだったので今回も公共の交通機関を使うことにした。マンハッタンからはJFKより距離的に近いので甘く見ていた… 

紫色の地下鉄⑦に乗ってJackson Heights という駅まで30分弱。OKOKここでQ33のバスに乗り換えね、あれ?バスどこ?あ、ここにQ33って書いてあるなぁ…でもなんか違う気が。ちょっと人に聞いてみよう「すみません、ここって空港行きのバス止まりますかね?」
「☆#*▼%… no English!」あー英語できない人に話しかけちゃった。じゃこの人だ「すみません、ここって…」「…(手を横に振りながら無視して歩き去る)」うそ~みんな冷たいなぁ。ここいらで時間を見て少々パニック気味に「うぁ!飛行機到着まであと20分しかないじゃん!」でもさっきからタクシーも一台も通らない。

メインストリートに戻ってみよう。あ、ここにもQ33って書いてあるバス停が。ここかな~?うろうろしていると「空港行きのバスならあっちだよ」と黒人のチラシ配ってるお兄さんが教えてくれた。あんたはいい人だ!「ありがとう!」やっとバス停を発見。つーかこのバス停の看板にはバスの絵がついてるだけで番号ないし…あんなに関係ない場所でQ33って書いてあったのはなんだったの?ちょっと心配なので一緒に待ってる人にもう1回聞いてみよう。「空港行きのQ33はここでいいの?」「Q33はここだよ。でも空港に行かないのもあるから運転手に聞かないとダメだよ」「どうもありがとう」えええ~空港に行かないのもあるって何~?

この日は相当寒くて道に雪が少し残っているぐらいだった。延々バス停探してウロウロして英語は通じないし体も冷え切って時間もギリギリで焦っているのに全然バスも来ないところへこれ以上悪いことが重なるわけ無いと思っていたら… 来た、例のヤツが。空港に行かない方のQ33。ああああああ~飛行機到着しちゃったよぉ!

やっと次のバスで空港に着いたとき弟はすでにバゲージクレームで待っていた。ごめんよ~こっちも大冒険だったんだよ…弟はフライトでクタクタ私は空港来るのにクタクタ、久々の再会どころではありません。しかしとことん初心者向きじゃない行き方だったなぁ。ラガーディアはマンハッタンからタクシーで行っても$25ぐらい。今度からは絶対そっちにするぞ。
b0067558_0471368.jpg

[PR]
# by sarahroche | 2004-12-27 22:46 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

クリスマス・イブ

クリスマスイブはロングアイランドの親戚の家に招かれた。日本の正月のように親戚一同集まって飲んで食べていっぱいしゃべってゲームしたりプレゼント交換もやったりと、とにかくめでたいと言うかハッピーな時間を過ごす。親戚といっても招かれた家は父のいとこのジョンの家なんだけど他のゲストはみんなアンジェラ(奥さん側なので私とは血が繋がっていない、そして初めて会う人ばかり。こういうクリスマスの行事に参加するのも私は初めてだったからものすごくおもしろかった。ほとんど客観的にまるでテレビかなにかを見てるように「へーこういう事するんだー」ってカルチャーショックって言ったら大げさだけど、興味深く観察しておりました。
b0067558_441485.jpg

イタリア系だけあって食べ物の量は半端じゃない!イタリアではクリスマスイブに鳥の丸焼きとかじゃなくてシーフードを食べるらしく、とにかくエビのオンパレード。焼いたの揚げたの煮たのなんでもあってプリン体は大丈夫か?なんて思いつつもエビで満腹になってしまった。
b0067558_4551517.jpg
ツリーの下のプレゼントの数も圧倒されるぐらい多くて、聞くとほとんど子供達へのものだった。それぞれの家族同士でのプレゼント交換は25日クリスマスデーにするんだそうで…っていうかまだあるの!?

食事が一通り終わると男性陣はポーカーを始める。今年はジョンがすぐに一人勝ちしちゃって、あっという間に終わってしまったけど…。そのあとは子供達のプレゼントタイム。大人たちは周りを囲んでカメラの準備。一個一個開けるたびにシャッターを押して子供の表情を一瞬でも逃すまいと必死。

仕上げはイブが誕生日のアンジェラにハッピーバースデーを歌ってケーキを食べる。食べ物はもう一口も入らないので止めといたが、とにかく賑やかで、楽しくて、ハッピーな夜でした。
b0067558_4554032.jpg

[PR]
# by sarahroche | 2004-12-24 04:38 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

Yumi-Day 5

由美の最終日。

Upper East Sideでミシェルと朝ごはんを食べてからセントラル・パークへ。雪が所々残っていた。秋に紅葉の写真を撮った木はすっかり葉が落ちていて芝生のエリア自体入れなくなってた(冬季期間のため)。SoHoで軽くショッピングをした後Union Squareに移動して私の一番好きなお店DSW(靴のディスカウント・ショップ)で買い物の続き。
b0067558_12432853.jpg

夕方になって結構疲れてたし買い物の袋もいっぱい持ってたけど、帰りにグランド・セントラルのオイスター・バーで生ガキを食べて帰ることになった。NYにいる間に一度は行きたいという由美のリクエストに最後の最後で答えられてよかった。
b0067558_1244153.jpg

由美は明日の朝7:45にスーパーシャトルでJFKへ、そして日本へ旅立っていく。

あっという間の5日だったけど来てくれてありがとよー由美!
[PR]
# by sarahroche | 2004-12-22 22:42 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

Yumi-Day 4

昨夜のマルガリータがたたったのか昼過ぎまで起きれなかった。

スロースタートで今日は五番街で高級店を「見に」行くことに。到底手がでない品物たちはなんだけどこのエリアはクリスマスの飾付けとかウィンドウディスプレイがきれいなのでクリスマスの雰囲気がいっぱいでいい。

一通りみたらすぐに日が暮れたのでTimes Squareまで移動。ここで当然たんまり記念撮影。今夜はブロードウェイで何か見ようと決めていたのでTKTSへ。ChicagoとRENTの間で少し迷いつつRENTに決定。軽く食事をした後シアターへゴー。観劇のあとも恒例の記念撮影。寒いのですぐ帰宅。
b0067558_1281855.jpg

[PR]
# by sarahroche | 2004-12-21 21:38 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

Yumi-Day 3

大寒波到来!雪は夜のうちに止んで快晴だが、体感気温-16℃!
寒さにメゲず朝からエンパイア・ステート・ビルへ。展望台まで90分待ちでやる気をなくし、ならその90分をショッピングにあてた方がいいとMacy’sへ。34th St 付近でお買い物。でもとにかく寒い!耳がもげそうだ。
b0067558_11212244.jpg

夕方は新しくなったMOMAへ。初めて行ったけどすごいね~、美術には疎い私でさえ見覚えのある絵ばっかり!大体美術館行っても知ってる絵は2-3点、でもここは右にも左にも前にも…とにかくどの壁にも超有名な絵ばっかり。
b0067558_11215298.jpg

夜は近所のお気に入りのメキシカンZarela’sでごはん。極寒でもここのフローズン・マルガリータは最高!
[PR]
# by sarahroche | 2004-12-20 22:19 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

Yumi-Day 2

b0067558_13572018.jpg
由美滞在2日目。

NYでベーグルを食べて帰らないわけにはいかないということで近くの超有名店Ess a Bagelでベーグルサンドをテイクアウト。家でコーヒーを入れてブレックファースト。あまりの量に朝から気持ち悪くなってしまった。明日は大寒波がやってくるとのことで防寒グッズを買いにCentury21へ。ついでに由美をBattery ParkとGround Zeroにも連れていけるので一石二鳥。

9.11以降初めて自由の女神のいるリバティ・アイランドが再オープンしたということもあってフェリーを待つ行列はすごかった。寒いのでスタッテン島フェリーも断念し対岸から記念撮影(カモメが邪魔でほとんど女神が写ってないけど)。そしてグランド・ゼロへ。
b0067558_1403858.jpg

夜はミシェルの家でホームパーティ。ハーレムという立地でタクシーがなかなかつかまらないことと雪が降ってきたので早々に退散、バスで5th AvenueをCentral Park沿いに南下していき帰りにロックフェラーセンターにも寄ってしまった。なかなかフルな一日だった。
b0067558_13583290.jpg

[PR]
# by sarahroche | 2004-12-19 14:03 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

Yumi-Day 1

親友の由美がNYを訪ねてくるので3:30の到着に合わせてJFKまで向かえに行った。荷物もないので一番安い方法、地下鉄+エアトレインを使ってみた。地下鉄Eラインの53rd駅はうちから徒歩圏内なのでそこからエアトレイン接続のあるSutphin Blvdまで30分ちょい、エアトレインに乗り換えて15分ぐらいで目的のターミナルへ。全行程一時間ぐらいで着いたのでこれは結構楽な行き方かも。

無事由美を出迎え、感動の再会(たった2ヶ月だっつーの!)を果たし、帰りはタクシーでマンハッタンのわが家へ。一段落したのでうちの近くにある観光チックなことができるところへ行こうとグランドセントラル駅と隣のクライスラービルへ。記念撮影。

とりあえず一旦帰宅したところへ共通の友人ミシェルがやってきて由美と感動の再会(こっちは2年ぶりなので本物)。それからEast Villageにごはんを食べに行った。土曜で混雑していたがなんとかYuca Barという怪しい内装のラテン・フュージョンのお店に入れた。なかなかおいしくて満足!
b0067558_1323168.jpg

[PR]
# by sarahroche | 2004-12-18 13:00 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

100円ショップ SAMURAI

b0067558_7553485.jpg
NYには100円ショップならぬ99セントショップというのがある。どうせたいした品揃えじゃないだろうと思ってたけど、行ってみるとなかなか充実したもの。お得感もちゃんとある。でもアメリカの製品全体に言えることだけど「安かろう悪かろう」でホント値段なり。

そんなとこへ日本の100円ショップがマンハッタンにできたと聞き早速行ってきました。場所はマンハッタンの西側、8thAve.(bet. 39th & 40th street)

正確には100円じゃなくて100円(99セント)から。でも大体のものが99セント、$1.29、$1.49だったかな?まだオープンして2週間とのことで人気のまばらな店内は広くまさに日本の100円ショップさながら。タッパーがびっしりの棚やキッチン用品、バス用品。食器も和がメインで季節のコーナーに小さい土鍋なんかがディスプレイされてたり…しかしターゲットの客層は日本人オンリーなのか?商品に英語の説明書きがあるわけでもないし、日本語読めなきゃ妙な空間だろうなぁ。でもアメリカ人もチラホラいて携帯ストラップやキーホルダーの置いてあるエリアがなんだか人気でした。

私が今日手に入れてきたものは包丁、食器用洗剤、泡立てネット(洗顔用)、フキン、おろし金など… 基本的にNYでそれほど不便は感じないけど「あったらいいな」というものって結構ある。そんな細かいものたちを探しに行くのにいい場所なのかもしれない。旅行の場合は「NYまで来てなんでわざわざ100円ショップに行かなきゃいけないの?」って感じかもしれないけど「あれを持ってくるの忘れた!」みたいなときには使えるかもよ。
b0067558_811327.jpg

[PR]
# by sarahroche | 2004-12-13 19:57 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

NYデリバリー事情

b0067558_12362074.jpg

今日はごはん作るのがめんどくさかったのでデリバリーでインド料理をオーダーして食べた。

NYのレストランはどこもかしこもデリバリーをやっていている(高級なとこは別だけど)。家まで届けてもらえる上に通常払う飲食代の15%~20%のチップが必要ない(デリバリーボーイには$2ぐらい渡す)。チップ=サービス料なのでサービスを受けていないってことなんでしょうね、合理的といえば合理的だが店で食べたときにそこまでサービスしてもらってるのか?とも思う。

デリバリー用のメニューはお店にももちろん置いてあるけど、家のポストに入ってたりもするしthe Menu PagesというNY中のレストランのメニューがオンラインで見れる便利なサイトもある。

ということはどんな雰囲気のお店なのかまったく知らずにそこのお料理を食べているという現象が起こる。この前近所のZarelaというすごい雰囲気が良くて、お客さんもいっぱいいて賑やかでフローズン・マルガリータが最高おいしいメキシカンに行った。帰りにそこのデリバリーメニューもらってきたけど、そこはデリバリーじゃなくて行ってなんぼのお店だなぁと思った。今回のインド料理もzagat survey に載っててfoodの点数が24点もあるようなまともな店だというのに、きっといい感じのお店で10ブロックぐらいしか離れていないというのに…デリバリーなんだよなぁ、もったいないよね。
[PR]
# by sarahroche | 2004-12-12 23:11 | NYの生活-'04,11月~'05,1月