<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

憎きスーパーシャトル

b0067558_233122100.jpg
クリストファーが帰国するので空港への交通手段としてスーパーシャトルを予約した。最大7人までの乗り合いタクシー(ミニバン)でJFKとラガーディアどちらの空港へも利用できる。前回由美が帰るときもこのサービスを予約したが、若干早めのピックアップは別として家の前まで来てくれるし料金もラガーディア行きが$15、JFK行きが$20程度なので一人の場合は割安だしなかなか便利じゃない?と思っていた…が。

6日早朝、ピックアップは6:00の予定。そろそろ来る頃と上から窓の外を見ているとSuper Shuttle のロゴの入ったブルーのミニバンが。「あ、来た」と思ったらビルの前を素通り。「ん?」もう一周して来るんだろう、とりあえず荷物も運んで下のロビーまで行ってみたらまたもやビルの前を2回目の素通り。呼び止めようと外に出たけど気付かず行ってしまった。「なんだよ~運転手、しっかりしろよ!」とブツブツいいながら3度目を待ったが来なかった… おかしいのでメールのコンファメーションもチェックしたが間違いない。カスタマーサービスに電話したが誰もでない。30分ぐらいしたらやっと来た「良かった~」と思っていたら「JFK?」と運転手。いやラガーディアなんすけど…ダメだぁ!

段々腹が立ってきた。やっと繋がったカスタマーサービスは早朝のためかアリゾナのセンターだった。「ここからじゃどうにもできないから、タクシーにしたら?領収書送ってくれれば返金するよ」という無責任な返答。でも時間もそろそろヤバイしそうするしかない。タクシー拾って弟を乗せて慌ただしくバイバイ。

一安心、でもタクシー代はともかくクレジットカードで先払いしたシャトルの分は返金してくれるんだろうねぇ?もう一回カスタマーサービスに電話するとやっとNYのセンターに繋がった。事情を説明して予約番号を告げると、「運転手は行ってますよ、230番でピックアップもしてます。」何ぃ~?乗れなかったっつってんじゃん!大体ここの住所は230じゃなくて210番だ!「こっちはちゃんと行きました。返金希望ならクレーム担当に手紙を書いて送ってもらわないと、どーたらこーたら」ムカーッ!「とにかく9時過ぎにクレーム担当にもう一回電話してください」あー胃が痛い。迷惑かけられた上にあの失礼な対応…

でも電話を切ってからちょっと落ち着いて考えてみた。230番と210番、JFKとラガーディア…同じ時間帯に同じブロックからのピックアップ?あ!JFKに行くはずの客をラガーディア行きが乗せたんだ!だからJFK行きのシャトルがうろうろしてたんだ。ひぇ~その人かわいそう。朝も早いしウトウトして空港に着いたと思ったら違う空港だったなんてシャレにならないかも。間違えて乗っちゃうぐらいだからきっと英語もそんなに堪能ではないのだろう…悪夢だな。

昼ごろ(寝ちゃったので)にクレーム担当に電話したらあっさり「クレジットカードへの返金手続きは完了しました」やっぱりな~「タクシーの料金も領収書を送っていただければ返金します」随分態度が違うじゃない。まぁ分かったならいいけど。

それ以来街であの青いミニバンを見かけるたびに「憎きスーパーシャトル!」とガンを飛ばしてるけど同時にあのかわいそうな旅行者のことも思い出して少ししんみりするのであった…
[PR]
by sarahroche | 2005-01-06 23:23 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

アメリカ自然史博物館

クリストファーと勝と3人でアメリカ自然史博物館に行った。
b0067558_122429.jpg

b0067558_173482.jpg
前にNYを訪れたときも行ったけど、ここはおもしろい。

美術品もいいけどやっぱ恐竜の化石がドーンといたりするのは分かりやすい。中には北米に生息する動物(熊とか鹿とか)のはく製がひたすら並んでるちょっと子供だましっぽい展示のフロアもあるけどまぁ動物園(生きてない動物の)の様な感じで見れるのかな?同じく海洋生物の展示もあってこれも水族館のイメージ(あくまでも生きてない)。それはそれでコストも安く済むのだろう、餌代かかんないし。

でもここに来たかった一番の理由はこの博物館内にあるローズ宇宙センターのプラネタリウム。ここのスペース・ショーは最高おもしろい。ただ星を天井に映して「これが○○座です」とかっていうのじゃなくてもっと臨場感のあるバーチャル宇宙旅行みたいな感じ。地球から始まってどんどん遠ざかる:太陽系→銀河系→銀河系の集合体→現在知られている宇宙の端まで。それから一気に地球に戻る。あー人間って小さい!って月並みですが…

4年前にこのスペース・ショーを見たのがきっかけでわが家では宇宙に関するドキュメンタリーを見まくるようになった。ディスカバリー・チャンネルやBBCのドキュメンタリーのDVDもかなり買ったし。いつも「NYのあれがもう一回見たいね~」と口癖のように言っていたので今回実現して本当に良かった。

スペースショーは博物館の入場料とは別料金なのでここを訪れても見ない人も多いと思うんだけど、絶対おすすめ!私ならこれだけのために行ってもいいぐらい。まー私はちょっと宇宙オタクだけど…
b0067558_14336.jpg

[PR]
by sarahroche | 2005-01-04 22:55 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

Jones Beach

b0067558_144575.jpg弟が来てるのでふたたびロングアイランドの親戚のうちに行く。ロングアイランドは海に囲まれているのでビーチやマリーナが結構あって親戚の家も車でちょっと行くとJones Beachというすご~くでかいビーチがある。2001年夏に来たとき初めて行ってその広さに感動したんだけど夜だったので写真が撮れなかった。勝も是非もう一度行ってみたいとしきりに言ってたので今回冬だけど明るいうちに連れてってもらうことにした。

冬なので人ひとりいない景色はなかなかのものだった。寒かったけどね…

クリストファーは人がいないのをいいことに「アルバム・ジャケット」とか言ってシリーズで写真を撮っていたけどご覧の通り駐車場にもボードウォークにもビーチにも人はいない。

 NYの街は道も地下鉄もどこに行っても汚くて日本ってきれいな所だったんだなーと常々思っていたけどビーチに関してはまるで逆。なんで日本のビーチはあんなに汚いんだろう?確かに砂が白いってのはアドバンテージだと思うけどそれよりもゴミが落ちてない!こういうのはとっても不思議。

日本人よりアメリカ人の方がポイ捨てに対する意識が高いとは思えない。この前もバスから外に向かって停留所でドアが開いたのを見計らってポーンとゴミを投げ出す人もいたし、タバコは道に捨てるものだと思ってるし…汚い街になら捨てるけどきれいなビーチだと捨てないってことかな?最初からゴミが落ちてなければ捨てるのも気がひけるもんね。

そういえば日本はビーチだけじゃなくて山とか観光地とか割とゴミが落ちてるような気がする。日本人は旅の恥はかき捨てとか集団意識で他が捨ててるんだからいいじゃんみたいのはあるかも。でも街に関しては世界の中でも有数のきれいさを誇ると思うからビーチや自然のあるところでもそういうのが発揮できるといいのにね…

ゴミを捨てるのは止めましょう!
b0067558_145257.jpg

[PR]
by sarahroche | 2005-01-02 20:40 | NYの生活-'04,11月~'05,1月

Happy New Year 2005!

b0067558_6594956.jpg
無謀にもタイムズ・スクエアのカウントダウンに参加することにした。

いや、年末NYにいるのだから当然このイベントは外せない!と思っていたけども、日が近づいて色々情報収集をしてみると色んな恐ろしい事実が判明していったので「絶対行く!」というパワーは薄れていた。

というのも、人の量が半端じゃないのでボールが落ちるのが見える位置を陣取るためには夕方の4~5時から行って新年の12時まで7~8時間待っていなきゃならない。お酒は禁止。そしてもっと恐ろしいのが柵で区切られたエリアに入るとトイレに行くのにも出してもらえないということ。がんばってヒマを潰せたとしても行きたくなったらおしまいなわけ、ちょっとそれってどうなの~?

朝からあまり具合が良くなかったから今日はもうテレビで見るかと断念していたのだが午後タイムズ・スクエアに遊びに行って帰ってきた弟が「やっぱり一人でも行く!」とやる気満々。準備でにわかに騒がしくなっていくタイムズ・スクエアを見たら行かないわけにはいかないだろうと思ったらしい。そうなると「じゃあ一緒に行くか!」となるのが人情でダメだと思った時点でリタイアすることを条件にバタバタと家を出た。

b0067558_775027.jpg
まー長い話は省くとして、いくつかの荷物検査のチェックポイントを通過して自分達のエリアに入ったのが6時ぐらい。とりあえず座るスペースを確保した。柵内がいっぱいになって入り口がクローズするまでちょっと時間があったのでその間に食べ物を買った(飲み物も買ったけど怖くて口にできなかった)。準備万端!でもあと6時間どうする~?

結果的に6時間は結構長かったけど待った。トイレも行かずになんとかなった。カウントダウンもして紙吹雪も浴びた。最後の5分は結構エキサイティングでみんな長く待ってたから「やっと来たー!」って感じで盛り上がった、というか無理にでも盛り上がらないと来た意味ないし… 

終わったあと案外あっさり帰っちゃう人込みの中を早足で帰ったのはいうまでもない。やっぱりみんなもトイレ行きたかったのかな?

もう一回行くかと聞かれたらかなり微妙。いつかまた行くことがあったらもっと歳とってお金持ちにでもなって、タイムズ・スクエアに面した一泊何万もするホテルの部屋でも借りてねぇ…シャンパン片手に窓の外に降る紙吹雪を優雅に楽しみたいな。

でも行ってよかったよ!
b0067558_712520.jpg

[PR]
by sarahroche | 2005-01-01 04:57 | NYの生活-'04,11月~'05,1月